スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週全滅

息子が最後に学校へ行ったのは先週の月曜日。   友達が朝誘いに来るからきちんと準備してたんだけど、次第にイライラして直前に爆発。「いやや いやや 学校行きたくない」と喚きだした。
だけど、7時40分、インターフォンが鳴ると諦めたかの様に家を出ました。

ベランダから息子の登校姿をこっそり見つめて、「今日が最後の日になるかもしれないね」なんて思いました。
私の中でも限界を感じていたのかもしれません。

8時にならないと登校しない小学生の娘に泣いてる事を気付かれてしまった。  娘も私に気を使ってくれて(まだ小2なのに)「ニイニ(お兄ちゃん)頑張って学校行ってる?」なんて聞いてきた。

息子が登校しても心配で仕方がありません。また嫌な事を言われてるのかも・・・疎外感を味わっているのかも・・・と思うと戦場に息子を送りだしてしまった気がして罪悪感があります。

でも心のどこかで「息子が本当に学校嫌いなハズが無い。学校にさえ行けば、再度楽しさに気付くはず」との思いがありました。

事実、帰宅する息子は毎回ニコニコ・・・無理やり学校に行っても帰宅した時は「明日も俺学校行ける」と言います。   一緒に帰宅した子との会話も楽しそうに話してくれるし・・

だけど、次の日に登校する事はありませんでした。

次の火曜日から金曜まで休んで、今週に入った時に「このままじゃダメだと思ってるなら、たまに登校しないと不登校だとバレちゃうよ」なんて言ってみましたが人ごとの様な息子でした。

実は息子、ある病気になって小学校の時長期入院しています。
今回の不登校はなんら病気と関係無いのですが、周りの噂は「あいつは病気で入院してるらしい・・」と言う事になってるらしい。

だからこそ、息子はたまに登校出来ていたみたいです。。。

クラス担任が久しぶりに家に来て、「久しぶりなので顔を見たいな」と息子とご対面。
中間テストの結果を息子と見ながら「怒られるよ~  毎日学校に来て必死に勉強したってこんな点取れない子たくさん居るのに・・・」と言っていました。
私も傍で「だから勿体ないんです・・・」と心でつぶやいた。アホなら諦めつくのに。。。

不登校になりかけた頃、私が「義務教育なんてお国の偉い人が勝手に決めたんだよ。皆が皆行かなくちゃダメなんて変な話だよ。嫌なら行かなくていいよ。でも好きな勉強はつづけた方が君の為」
と言ったのが息子の中に残っているのか・・・
なぜか塾だけは通っています。。。。   いつまで続くかな?


今の私はとても不安定で・・・とても不登校の息子と向かえ会える人物ではありません。

ココで書けないぐらい。。鬼の様な事を息子に言ってしまう最低な母親です。 
息子が変なんじゃなくてきっと私が変なのだと思います。 
だから息子がこうなってしまったのだとも思う。
私が一番弱くて、人を傷つけ、周りが見えなくなって、最悪の状態を引き起こしてるんだとも思います。

息子の「どうせ俺しぬもん」と言う決まり文句に、ついに「死ねばいい」と言ってしまった。

一人になって悲しくて苦しくて、再度寝かかってる息子を抱いて「ごめんね」と抱きしめた。
棒の様に抱きしめられてる息子が「ごめんな。でも俺、もう壊れちゃったから、もう学校行かれへんわ」と言って来た。
ガツーーーンと殴られた様な気がしたけど、取りあえず「行かんくていい」と言って場を離れました。

私は、息子の何が好きかって言うと・・・・
きっと、学校でイキイキしている姿が好きなんだと思います。

決められた事は積極的に参加して、何かと代表になって、目標に向かって突き進む。。そんな息子が誇りだったし、好きでたまらなかった・・・
だから学校行事はどこの親よりもウキウキしていたと思う。  保護者の先頭に並ぶ事も苦じゃなかったし、「また息子の栄光を見る事が出来る」と本当に幸せでした。

下の娘の場合は参観に行くのさえ面倒なのに・・・(内緒)

だけど、息子に「小学校時代も学校が楽しいなんて思った事一度も無い。ずっと苦しかった」と言われて、私が見ていた物は幻だったんだ       と苦しくなりました。

よく「子供を自分の作品の様に扱ってる親」と言う言葉を聞くけど、私がそうだったのかもしれない。

だって、小さな頃から息子はやんちゃで人一倍私に苦労させたけど、一度だって「こんな子じゃなかったら・・・」と思った事が無かった。

育て憎いけど、その分親に十分すぎる程の夢を与えてくれる子でした。
「こんなヘンテコな子、きっと大物になるかもしれない」「育て憎い変わりにいつかご褒美があるハズだ」と信じてきたから、私にとって息子は「私の人生最高の作品」だった。

そんな私の気持ちを分かっていたのかもしれません。。ずっと周りと波長を合わせようとズタズタになりながら頑張って来た息子の糸が切れたのが今なのかもしれません。。

糸の切れた息子を私は愛せるのか・・・?とここ何日か自分に問いかけてきました。
私って、本当に打算的で、病んでるんじゃないの?と自分でも思うぐらいなのですが・・・私はやはり息子が大好きな様です。

不登校になって、毎日毎時間パソコンに向かい合ってる息子だけど愛おしい。  本当はギューーーっと抱きしめたいけど、何しろ中学生でそんな事したらキモイので我慢してるけど・・・

何よりも、今まで無我夢中で頑張って来た息子が愛おしい。辛かっただろうね・・苦しかったね・・と可哀想でなりません。

本当はこのまま公立トップ校受験して、有名な大学に行く計画だったけど、もう無理。

この辺は機転を利かさなきゃね。
息子は好きな様に生きればいい。頭がいいからどうにでもなるよ。これ以上壊れなければ、元々とびっきりの好奇心がある子だから何とでもなる。

・・・なんだかんだ言いながら息子の可能性を諦めきれない私です。。。。
スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。